レチノールピール

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものであります。
トレチノイン(レチノイン酸)は米国ではしわ・にきびの治療医薬品として、30年近く前からFDAに認可されており、非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。

トレチノイン(レチノイン酸)の皮膚に対する作用
1. ピーリング作用があるため、角質をはがします。
2. 表皮の細胞を分裂・増殖させ、皮膚の再生を促します。
3. 皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えることで、ニキビができにくくなります。
4. 真皮でもコラーゲンの生成を増やし、皮膚の張り、小じわの改善をもたらします。
5. 表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を増やし、皮膚をみずみずしくします。

しかし、レチノインによる反応性の皮膚炎で、使用開始後2~3週間は皮膚が赤くただれたようになるのが難点でした。

その問題を解決したのが、ナノレチノイン・ナノハイドロキノンです。薬剤をナノ化することで、皮膚炎がかなり軽減され、レチノイン製剤が使いやすくなりました。

しかしそれでもレチノインによる刺激性皮膚炎が月単位で長引き、使用を断念される方も一定頻度でいらっしゃいます。

そのような方におすすめなのが、レチノールピールです。

レチナール(即時効果)、レチノール(持続効果)、レチニール(遅延型効果)の3種類をそれぞれバランスよく配合さていることで、肌にレチノイドの効果を継続的にもたらします。

それに加え、亜鉛とヒアルロン酸の成分が配合されており、細胞が新たなヒアルロン酸の生成を促します。

レチノイドがコラーゲンの産生を活性化させ、線維芽細胞の増殖を増やすことで、小じわ・毛穴・肌の張りの改善効果や毛穴・皮脂腺に薬剤が浸透することで、皮脂のコントロールの抑制・ニキビ肌の改善に効果的です。

レチノールピールは施術後数日から1週間程度の乾燥・赤みを伴います。

4週間に1回の施術を5回前後がおすすめです。施術後、4時間後に必ず、顔を水で洗い流してください。

赤みや皮むけがあるため、他のレーザーやピーリング等は、2週間空けてから施術をして下さい。

【主な効果】
▪ コラーゲン産生

 レチノイドがコラーゲン産生を活性化させ、繊維芽細胞の増殖を促します。

▪ 皮膚の抑制
 毛包、皮脂腺に浸透し皮脂をコントロール・抑制します。にきび治療にも効果的です。

▪ シミを改善
 リポソームがシミに直接作用し、刺激を受けているメラノサイトの活動を調節します。

▪ 乾燥・赤み・くすみの減少
 リポソームを構成する脂質により角質層が回復し、バリア機能が改善し、乾燥・赤み・くすみなどを減少させます。

■ 禁忌
・2週間以内にピーリングの施術をしている方
・施術部位に重篤な皮膚疾患および感染症がある方
・出血性疾患を発症している方
・糖尿病の方
・ヘルペスウイルスの方
・妊娠及び授乳中の方

初回 1回 4回
レチノールピール 11,000円 16,500円 59,500円

※自由診療初診料3,300円、自由診療再診料無料

※コースの有効期限は3年

地図

所在地所在地 千葉県松戸市秋山68-5

電話電話でのご予約・お問合せ047-710-7788電話対応時間 09:00~19:00(月火水木金土)

診療予約はこちら メール相談はこちら
アクセスはこちら
オンライン診療 院長コラム 診療カレンダー 手術実績 採用情報 シャルムクリニックBlog シャルムクリニックChannel シャルムクリニックInstagram シャルムクリニックDoctors File
クリニックのご案内 map
所在地所在地
千葉県松戸市秋山68-5
所在地駐車場
105台の敷地内大型駐車場
電話番号電話でのお問合せ
047-710-7788
電話番号受付時間
午前 08:50~11:45午後 14:50~18:45※休診日 / 日曜日(日以外の祝日診療)
※水曜日は院長不在
アクセス詳細はこちら

自身の地元でもある松戸で、毎日の診療を積み重ねていく中で、自分の理想とする「保険診療から自由診療まで幅広いニーズに応え、地域の皆さまに喜んでいただける医療」を実践し、皆さまの信頼を得られるよう努力していく所存です。

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 日本レーザー医学会認定レーザー専門医



アトピー性皮膚炎、薄毛、ケミカルピーリングやピアスなら、シャルムクリニックへ。 

Copyright (C) Charme-Clinique. All Rights Reserved. 【 TEL:047-710-7788 】
診療予約