紫外線治療

「紫外線治療」とは、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、皮膚科の治療の中では薬物治療・外科的治療に並ぶ大きな柱の一つであり、また、他の科にはない特徴でもあります。

歴史的にはGoeckerman療法が有名ですが、現在主に行われている治療としては、PUVA療法・ナローバンドUVB療法・UVA-1療法・エキシマライト療法・エキシマレーザー・チタンサファイアレーザーがあります。

それぞれ長所・短所、適応疾患の若干の違いなどがありますが、当院では、ナローバンドUVB療法、エキシマライト療法、UVA-1療法、チタンサファイアレーザーを採用しております。すべて保険適応の治療です。

私は東大病院皮膚科の乾癬外来および病棟において豊富な紫外線治療の経験があり、乾癬・掌蹠膿疱症・白斑・円形脱毛症・難治性アトピー性皮膚炎・皮膚掻痒症・結節性痒疹・類乾癬・皮膚悪性リンパ腫などの患者さまにぜひおすすめしたい治療の一つです。

ナローバンドUVB療法は、1984年に開発されて以来30年超の歴史のある治療で、当初は乾癬の治療として使われてきましたが、その後、白斑・掌蹠膿疱症・円形脱毛症・難治性アトピー性皮膚炎・皮膚掻痒症・結節性痒疹・類乾癬・皮膚悪性リンパ腫など様々な疾患に対しても有効であることがわかり、現在ではPUVAにとってかわり、紫外線治療のファーストチョイスとして頻用されています。当院では全身照射型および部分照射型のナローバンドUVB治療機を2種類採用しており、これにより広範囲の病変に効率的に光線を照射することができます。


エキシマライト療法はここ10年ほどで開発された機械で、基本的にはナローバンドUVB療法と適応疾患は同じですが、まだ歴史は浅いものの、特に白斑に対する有効性が高く注目されています。エキシマライトはターゲット照射であり、広範囲の照射よりも、むしろ難治性病変に対するスポット照射に威力を発揮するため、特に白斑や円形脱毛症の治療におすすめです。

チタンサファイアレーザー「パラス」は2021年に国内承認されたレーザーで、311nmのレーザーを照射します。基本的にはナローバンドUVB療法と適応疾患は同じですが、まだ歴史は浅いものの、特に白斑に対する有効性が高く注目されています。
エキシマレーザーと比べて紅斑反応が出にくいので、特に露出部の照射に秀でています。
ターゲット照射型で1回の照射面積も小さいため、広範囲の照射には向いていず、頭頚部などの難治の点在する白斑や、多発型の円形脱毛症や、痒疹結節などに有用性が期待できます。逆に広範囲の照射は、従来通り、ナローバンドUVBやエキシマライトで対応します。

UVA-1療法は2021年から国内で承認された治療で、ナローバンドUVBやエキシマライトよりも皮膚の深層に到達できるため、掌蹠膿疱症・難治性手湿疹・痒疹・皮膚悪性リンパ腫などに特に有用です。また、強皮症の皮膚硬化にも有効性が確認されています。

  • 料金表はこちら
地図

所在地所在地 千葉県松戸市秋山68-5

電話電話でのご予約・お問合せ047-710-7788電話対応時間 09:00~19:00(月火水木金土)

診療予約はこちら メール相談はこちら
アクセスはこちら
保険診療問診票 自由診療問診票 オンライン診療 院長コラム 診療カレンダー 手術実績 採用情報 シャルムクリニックBlog シャルムクリニックChannel シャルムクリニックLINE シャルムクリニックInstagram 美容皮膚科サイト シャルムクリニックDoctors File
クリニックのご案内 map
所在地所在地
千葉県松戸市秋山68-5
所在地駐車場
105台の敷地内大型駐車場
電話番号電話でのお問合せ
047-710-7788
電話番号受付時間
午前 08:50~11:45午後 14:50~18:45※休診日 / 日曜日(日以外の祝日診療)
※水曜日は院長不在
アクセス詳細はこちら

自身の地元でもある松戸で、毎日の診療を積み重ねていく中で、自分の理想とする「保険診療から自由診療まで幅広いニーズに応え、地域の皆さまに喜んでいただける医療」を実践し、皆さまの信頼を得られるよう努力していく所存です。

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 日本レーザー医学会認定レーザー専門医



アトピー性皮膚炎、薄毛、ケミカルピーリングやピアスなら、シャルムクリニックへ。 

Copyright (C) Charme-Clinique. All Rights Reserved. 【 TEL:047-710-7788 】
診療予約
よくあるご質問