乾癬

銀白色の雲母状の鱗屑(ふけ)をともなう境界が明瞭な紅斑が全身に出る病気で、大きさ、数、形は様々です。かゆみは約50%の患者さんにみられます。爪の変形や関節炎を伴うこともあります。重症例では高熱とともに全身に膿疱が多発する膿疱性乾癬があります。乾癬の原因として、遺伝・病巣感染・生活習慣(メタボなど)が一部の方にみられます。

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症は膿疱が手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に数多くみられる病気で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。ときに、足と手の他にすねや膝にも皮疹が出ることがあります。また、鎖骨や胸の中央(胸鎖肋関節症)やその他の関節が痛くなることがあります。足の皮疹は水虫によく似ていますので、診断をはっきりさせるために顕微鏡検査で、水虫を起こすカビ(白癬菌)がいるかどうか調べる必要があります。治療中に水虫を併発することもあるので、定期的な検査が必要です。

掌蹠膿疱症の原因として、病巣感染(扁桃炎・虫歯・歯槽膿漏など)・歯科金属アレルギーなどが知られており、積極的な病巣感染巣検索・金属パッチテストなどを行います。病巣感染巣が特定できた場合、治療することにより(扁桃腺摘出、抜歯など)掌蹠膿疱症が治癒することも多いです。

ステロイド外用剤・ビタミンD3外用剤が第一選択です。症状によっては、紫外線療法、エトレチナート内服、シクロスポリン内服、アプレミ ラスト内服、最重症例では生物学的製剤注射(日本皮膚科学会の規定により、導入療法は大学病院・総合病院およびそれに準ずる医療機関に限定され、当院では維持療法のみ行っております。御希望の際には、主治医よりの紹介状を御持参くださるようお願いいたします。) なども併用します。

紫外線療法、エトレチナート内服、シクロスポリン内服は東大病院皮膚科の乾癬外来出身の私が最も得意とする治療のひとつで、患者さまの皮膚の状態・合併症などに応じて適切な薬剤選択・用量選択を行い、適切にコントロールします。

乾癬・掌蹠膿疱症に限らず、多くの慢性疾患では、血液検査で、さまざまなビタミン・ミネラルの欠乏が発見できます。これは従来の血液検査の解釈ではなく、ノーベル化学賞・平和賞に輝いたライナス・ポーリング博士らにより提唱されたオーソモレキュラー医学に基づく解釈です。人間の体の整合を分子(細胞)のレベルで考え、栄養素を、組み合わせと量を上手に使うことによって、栄養学的/病理学的な作用で、病気を治療/予防しようという考え方です。

私はオーソモレキュラー医学に基づく治療を得意としており、さまざまなビタミン・ミネラルをサプリメントとして補充することを、慢性疾患の患者さまにおすすめいたします。

他にも、プラセンタ注射、高濃度ビタミンC点滴も有効なことがあります。

関連情報
紫外線療法
オーソモレキュラー医学
プラセンタ注射
高濃度ビタミンC点滴療法
オーソモレキュラー医学

人間の体の整合を分子(細胞)のレベルで考え、栄養素を、組み合わせと量を上手に使うことによって、栄養学的・病理学的な作用で、病気を治療・予防しようという考え方。

×
プラセンタ注射

プラセンタ注射液はヒト胎盤のエキスで、多種のアミノ酸やビタミン・ミネラルなどの豊富な栄養素に加え、体内幹細胞を活性化させる成分が含まれており、美容・健康方面で幅広い効能が認められた数少ない成分です。全身の組織・臓器・肌を若返らせるほか、血行不良・生理不順・冷え性・更年期障害・肩こりといった女性のお悩みの改善や、免疫力向上・滋養強壮・精神安定などの効果もあると言われています。

当院では、日本国内で2種類のみ認可されている、正常出産した日本人女性の胎盤由来製剤である、「ラエンネック」、「メルスモン」の両方を採用しております。

「ラエンネック」は慢性肝炎に対し、「メルスモン」は更年期障害・乳汁分泌不全に対して保険適応です。その他の目的に対しても、自由診療で使用することができます。

もっと詳しい内容はこちら

×
高濃度ビタミンC点滴

ビタミンCの抗酸化作用はとても強力で、アンチエイジング・美肌維持・免疫力向上・生活習慣病予防などに欠かせません。

通常ビタミンCの点滴といえば500mg~多くて数g程度ですが、高濃度ビタミンC点滴は、防腐剤フリーの高品質なビタミンCを数十gと桁違いの量を注射することで、効率的にビタミンCを摂取し身体の機能を整え、ウィルス疾患、難治性のアレルギーやニキビ、美肌・健康維持(美白・コラーゲン合成)、がん治療に効果を発揮します。

美容目的の場合、25gで週1~2回位の頻度で3~4回は、続けることをおすすめしております。 がん治療目的には、血中ビタミンC濃度を適宜測定しながら、投与するビタミンCの量を調整し、週2~3回の頻度で6ヶ月間は継続します。
ただし日本人では非常にまれですがG6PD欠損症という病気の方はビタミンC点滴はできませんので、初回カウンセリング時に血液検査でG6PD欠損症がないかをチェックしてからの治療開始となります。(結果が出るまで約1週間かかります。)

※当院で採用しているビタミンC製剤はMylan製薬(フランス)製です。

もっと詳しい内容はこちら

×
  • 料金表はこちら
地図

所在地所在地 千葉県松戸市秋山68-12

電話電話でのご予約・お問合せ047-710-7788電話対応時間 09:00~19:00(月火水木金土)

診療予約はこちら メール相談はこちら
アクセスはこちら
オンライン通院 メディア掲載 院長コラム 診療カレンダー 手術実績 採用情報 シャルムクリニックBlog シャルムクリニックDoctors File
Powered by 口コミ病院検索QLife
クリニックのご案内 map
所在地所在地
千葉県松戸市秋山68-12
所在地駐車場
58台の敷地内大型駐車場
電話番号電話でのお問合せ
047-710-7788
電話番号診療時間
午前 09:00~12:00午後 15:00~19:00※休診日 / 日曜日(日以外の祝日診療)
※水曜日は保険診療のみ

受付は診療終了時間の15分前に終了します

アクセス詳細はこちら

自身の地元でもある松戸で、毎日の診療を積み重ねていく中で、自分の理想とする「保険診療から自由診療まで幅広いニーズに応え、地域の皆さまに喜んでいただける医療」を実践し、皆さまの信頼を得られるよう努力していく所存です。

日本皮膚科学会専門医 国際レーザー専門医(B-IMeLaS) 日本レーザー医学会指導医・専門医 日本美容外科学会(JSAS)専門医 日本抗加齢医学会専門医 日本性感染症学会専門医 ICD制度協議会ICD (Infection Control Doctor) 厚生労働省認定臨床研修指導医 高濃度ビタミンC点滴療法認定医 ボトックス認定医 キレーション療法認定医 日本胎盤臨床医学会認定医日本補完代替医療学会学識医 日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー日本皮膚科学会 日本レーザー医学会 日本美容外科学会(JSAS)  日本美容皮膚科学会 日本抗加齢医学会 日本乾癬学会 日本皮膚病理組織学会  日本小児皮膚科学会  日本性感染症学会 日本胎盤臨床医学会 日本補完代替医療学会

アトピー性皮膚炎、薄毛、ケミカルピーリングやピアスなら、シャルムクリニックへ。 

Copyright (C) Charme-Clinique. All Rights Reserved. 【 TEL:047-710-7788 】
診療予約