酒さ・酒さ様皮膚炎

毛細血管拡張症(赤ら顔)を背景とし、敏感肌を呈し、にきびのような丘疹・膿疱が多発しかゆみのある状態が酒さです。酒さ性角結膜炎を合併することもあります。同様の症状が、ステロイド外用薬、タクロリムス外用薬により誘発されることもあり、その場合、酒さ様皮膚炎と診断します。

生活面で、顔が赤くなるような刺激(熱いもの、アルコール、香辛料、コーヒー、寒暖差、紫外線など)を避けることが大切です。
また、ステロイド外用薬、タクロリムス外用薬を使用して症状が誘発されている場合は、使用を中止します。中止によりリバウンドが起きることがありますが、ここで、中止した薬剤を再開しないことが大切です。
第一選択となる治療は、テトラサイクリン内服となりますが、難治の場合も多く、自由診療を考慮する必要があります。
毛包虫が存在している場合は、イオウカンフルローション外用やストロメクトール内服を適宜併用します。
保険診療・自由診療いずれにおいても、投薬治療で改善できるのは、皮膚炎の症状であり、残る毛細血管拡張症(赤ら顔)が気になる場合は、レーザー治療が必要となります。

外用薬として、1%メトロニダゾール軟膏、アゼライン酸、1%イベルメクチンクリームを処方できます。酒さ・酒さ様皮膚炎の症状が強い時期には、外用薬に対しても刺激反応を強く訴える方も多く、その場合には、内服レチノイン(ロアキュタン)を使用します。

<外用薬の副作用・リスク>
▪ かぶれ

<レチノイン内服の副作用・リスク>
▪ 催奇形性→内服中及び終了後1か月間の避妊必須・献血禁止
▪ 口唇炎、乾燥肌→適宜保湿で対応
▪ まれにアレルギー

通常価格
内服レチノイン(ロアキュタン) 10mg 700円
20mg 1,000円
1%メトロニダゾール軟膏 10g 300円
アゼライン酸 15g 1,980円
1%イベルメクリンクリーム 10g 2,500円
  • 料金表はこちら
地図

所在地所在地 千葉県松戸市秋山68-5

電話電話でのご予約・お問合せ047-710-7788電話対応時間 09:00~19:00(月火水木金土)

診療予約はこちら メール相談はこちら
アクセスはこちら
保険診療問診票 自由診療問診票 オンライン診療 院長コラム 診療カレンダー 手術実績 採用情報 シャルムクリニックBlog シャルムクリニックChannel シャルムクリニックLINE シャルムクリニックInstagram 美容皮膚科サイト シャルムクリニックDoctors File
クリニックのご案内 map
所在地所在地
千葉県松戸市秋山68-5
所在地駐車場
105台の敷地内大型駐車場
電話番号電話でのお問合せ
047-710-7788
電話番号受付時間
午前 08:50~11:45午後 14:50~18:45※休診日 / 日曜日(日以外の祝日診療)
※水曜日は院長不在
アクセス詳細はこちら

自身の地元でもある松戸で、毎日の診療を積み重ねていく中で、自分の理想とする「保険診療から自由診療まで幅広いニーズに応え、地域の皆さまに喜んでいただける医療」を実践し、皆さまの信頼を得られるよう努力していく所存です。

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 日本レーザー医学会認定レーザー専門医



アトピー性皮膚炎、薄毛、ケミカルピーリングやピアスなら、シャルムクリニックへ。 

Copyright (C) Charme-Clinique. All Rights Reserved. 【 TEL:047-710-7788 】
診療予約
よくあるご質問