皮膚腫瘍・皮膚癌(できもの・ホクロなど)手術

皮膚小腫瘍手術

皮膚・皮下腫瘍の治療にあたっては、まず正しい診断が必要です。当院にはカラードップラーエコー(超音波装置)があり、これにより、腫瘍がどの深さにあるのか、どの程度の大きさなのか、血流が豊富なのか(つまり手術時に出血しやすいのか)などを検索できます。

また、「ホクロ」についても、巷の美容クリニックで行われているようにいきなりレーザーで焼いてしまうようなことはせず、ダーモスコピーという拡大鏡で、ただのホクロなのか皮膚癌の可能性を考えなければならないものなのかを鑑別します。

皮膚小腫瘍手術

実際、某大手美容外科で「ホクロ」をレーザーでとったが再発したのでまたとりたい、と受診された20代の患者さまがいらっしゃいましたが、ダーモスコピーでは基底細胞癌が疑わしく、続いて実施した生検(組織検査)の結果、典型的な基底細胞癌であった症例の経験があります。

このように、皮膚・皮下腫瘍の治療はまず正しい診断に基づくものでなければならず、それを行うのが皮膚科専門医の責務であると考えております。

手術を行います。皮膚癌のうち、転移の可能性がないもの(基底細胞癌、Bowen病、日光角化症)については当院で治療いたします。
当院では、6~7センチ程度の脂肪腫の切除や、ちょっとした皮弁形成術・植皮術など、他院では入院が求められるケースでもほとんどの場合は日帰り手術が可能です。

皮膚癌で転移の可能性があるもの(悪性黒色腫、有棘細胞癌、Paget病、血管肉腫など)については、関連病院をご紹介いたします。切除した検体は、病理組織検査を実施し、良悪性の判断を含め正しく診断いたします。

当院は札幌皮膚病理診断科と提携しており、日本No.1の皮膚病理診断医である木村鉄宣先生に診断を仰いでおります。


▼ 腰部粉瘤術前、摘出した粉瘤
 

▼ Coccygeal pad術前、デザイン(Dufourmentel flap)、切除検体、術直後、術後2週間目抜糸時
    

▼ 右下腹部脂肪腫術前、摘出した脂肪腫
 

▼ 右肩部脂肪腫術前、術直後(Z形成併用)
 

▼ 左大腿部大型先天性色素性母斑術前、分割切除1回目術直後、分割切除2回目術前(分割切除1回目後8ヶ月後)、術直後
   

▼ 右上腕部タトゥー術前、術後1週間目抜糸時
 

▼ 左眉毛直上色素性母斑術前、デザイン、術直後(O-to-T plasty実施)
  

▼ 右1指背部神経線維腫術前、術直後(双葉皮弁実施)
 

▼ 殿部基底細胞癌術前、術直後(葉状皮弁実施)
 

▼ 左頬部日光角化症術前、術直後(菱形皮弁実施)
 

▼ 右頬部日光角化症術前、デザイン、術直後(Dufourmentel flap実施)
   

▼ 鼻背部基底細胞癌術前、術中(全層植皮)、術後3週間目
  

▼ 左手背日光角化症術前、デザイン、術中(切除後)、術中(全層植皮)、術後2週間目抜糸時
    

ホクロの炭酸ガスレーザー治療を行えます。

病理組織検査が望ましいと考えるものや、大きいため切除・縫縮が望ましいと考えるものは保険診療で手術いたします。

関連情報
炭酸ガスレーザー・CO2レーザー
炭酸ガスレーザー・CO2レーザー 皮膚小腫瘍手術 CO2レーザー

ほくろ、いぼの治療にCO2レーザーを使用します。

■ほくろ
ほくろの治療は、巷の美容クリニックで行われているようにいきなりレーザーで焼いてしまうようなことはせず、ダーモスコピーという拡大鏡で、ただのホクロなのか皮膚癌の可能性を考えなければならないものなのかを鑑別します。実際、某大手美容外科で「ホクロ」をレーザーでとったが再発したのでまたとりたい、と受診された20代の患者さまがいらっしゃいましたが、ダーモスコピーでは基底細胞癌が疑わしく、続いて実施した生検(組織検査)の結果、典型的な基底細胞癌であった症例の経験があります。

このように、ほくろの治療はまず正しい診断に基づくものでなければならず、それを行うのが皮膚科専門医の責務であると考えております。したがって、病理組織検査が望ましいと考えるものや、大きいため切除・縫縮が望ましいと考えるものは保険診療で手術いたします。 実際に炭酸ガスレーザー治療を行うのは、3~4mm程度までの小型のもので、かつ、ダーモスコピー上、明らかに良性のものということになります。

治療は局所麻酔後、炭酸ガスレーザーでほくろを蒸散させて穴をあけて削り取る方法です。穴が開いていますので、毎日洗顔後に軟膏を外用して肌色のテープを貼っていただきます。テープの上からファンデーションなどをするのは構いません。傷はおよそ2週間前後でふさがります。

ふさがった傷痕はしばらく赤いですが、半年~1年程度でまわりとなじんで肌色~白色の傷となり目立たなくなります。赤みがひいていく過程で一時的に色素沈着を起こすことがありますが自然に治りますし、レチノイン・ハイドロキノン療法でより早く治すことも可能です。

炭酸ガスレーザー治療はほくろを上から削り取っていく方法なので、取り残しがあった場合再発する可能性があり、また、傷痕がにきび痕のように少し凹んだ痕となることがあります。 それ以外にほくろの治療としては、Qスイッチ・ルビーレーザーを3ヶ月以上間隔をあけて数回照射する方法、フォトフェイシャルを月1回数回照射する方法もあります。これにより凹んだ傷痕を形成することなくほくろの色は薄くはなりますが、とりきれるかどうかはケース・バイ・ケースです。

■いぼ
いぼには、足の裏などにできるウイルス性疣贅、首周りにぶつぶつがたくさんできるアクロコルドン、しみが隆起してできる脂漏性角化症があります。後2者は局所麻酔のクリーム外用後、炭酸ガスレーザーで浅く蒸散させます。数日間、毎日洗顔後に軟膏を外用して肌色のテープを貼っていただきます。テープの上からファンデーションなどをするのは構いません。傷は数日でふさがります。

ふさがった傷痕はしばらく赤いですが、3ヶ月~半年程度でまわりとなじんでわからなくなります。赤みがひいていく過程で一時的に色素沈着を起こすことがありますが自然に治りますし、レチノイン・ハイドロキノン療法でより早く治すことも可能です。

ウイルス性疣贅は局所麻酔下に少し深めに削り取ります。術後は毎日入浴後、軟膏を外用しガーゼ保護します。傷は1~2週間前後でふさがります。

ふさがった傷痕はしばらく赤いですが、3ヶ月~半年程度でまわりとなじんで目立たなくなります。赤みがひいていく過程で一時的に色素沈着を起こすことがありますが自然に治りますし、レチノイン・ハイドロキノン療法でより早く治すことも可能です。ウイルス感染細胞が残存している場合再発するので、再度治療が必要となることがあります。

×
  • 料金表はこちら
地図

所在地所在地 千葉県松戸市秋山68-12

電話電話でのご予約・お問合せ047-710-7788電話対応時間 09:00~19:00(月火水木金土)

診療予約はこちら メール相談はこちら
アクセスはこちら
オンライン通院 メディア掲載 院長コラム 診療カレンダー 手術実績 採用情報 シャルムクリニックBlog シャルムクリニックDoctors File
Powered by 口コミ病院検索QLife
クリニックのご案内 map
所在地所在地
千葉県松戸市秋山68-12
所在地駐車場
58台の敷地内大型駐車場
電話番号電話でのお問合せ
047-710-7788
電話番号診療時間
午前 09:00~12:00午後 15:00~19:00※休診日 / 日曜日(日以外の祝日診療)
※水曜日は保険診療のみ

受付は診療終了時間の15分前に終了します

アクセス詳細はこちら

自身の地元でもある松戸で、毎日の診療を積み重ねていく中で、自分の理想とする「保険診療から自由診療まで幅広いニーズに応え、地域の皆さまに喜んでいただける医療」を実践し、皆さまの信頼を得られるよう努力していく所存です。

日本皮膚科学会専門医 国際レーザー専門医(B-IMeLaS) 日本レーザー医学会指導医・専門医 日本美容外科学会(JSAS)専門医 日本抗加齢医学会専門医 日本性感染症学会専門医 ICD制度協議会ICD (Infection Control Doctor) 厚生労働省認定臨床研修指導医 高濃度ビタミンC点滴療法認定医 ボトックス認定医 キレーション療法認定医 日本胎盤臨床医学会認定医日本補完代替医療学会学識医 日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー日本皮膚科学会 日本レーザー医学会 日本美容外科学会(JSAS)  日本美容皮膚科学会 日本抗加齢医学会 日本乾癬学会 日本皮膚病理組織学会  日本小児皮膚科学会  日本性感染症学会 日本胎盤臨床医学会 日本補完代替医療学会

アトピー性皮膚炎、薄毛、ケミカルピーリングやピアスなら、シャルムクリニックへ。 

Copyright (C) Charme-Clinique. All Rights Reserved. 【 TEL:047-710-7788 】
診療予約