アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、日本皮膚科学会の定義によれば、慢性(成人では6カ月以上、乳児では2カ月以上)に繰り返すかゆみのある湿疹を主体とする病気で、アトピー体質(家族歴あるいは既往歴に喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎がある)を伴うことが多いものです。

乳児の場合は頭・顔に多く、それ以降は、首、肘や膝の関節の曲がる場所などにも広がっていきます。小児期に治癒することも多いのですが、成人になっても続いたり、成人になってから発症することもあります。最近、アトピー性皮膚炎の方の多くが、遺伝的に皮膚の保湿因子(フィラグリン)の遺伝子の異常があることがわかってきており、保湿の重要性が再認識されてきています。

Doctors file 皮膚疾患治療

アトピー性皮膚炎コラムはこちら

保湿剤・ステロイド外用剤・タクロリムス軟膏外用・抗アレルギー剤内服が大きな柱です。特に、ステロイド外用剤・タクロリムス外用剤については、医師の中でさえも、科学的な根拠の全くない偏見・誤解(外用剤が全身に吸収されてさまざまな病気を引き起こす、色素沈着を起こす、などなど)を抱いている人が多いですが、皮膚科診療に精通した皮膚科専門医の適切な指導のもとで使用すれば、ほとんど副作用の心配なくアトピー性皮膚炎を適切にコントロールすることができます。

また、血液検査上、ダニやホコリのアレルギーを合併することが多いので、生活環境を整えることも重要です。

乳幼児の場合、食物アレルギーが悪化要因となっていることも多いので、その検索が必要となることもあり、当院では血液検査・プリックテストを行うことができます。食物負荷試験が必要と考えられる場合は小児科とも連携し治療にあたります。

成人の重症例・難治例では免疫抑制剤(シクロスポリン)内服や紫外線療法が必要となることもありますが、私は東大病院皮膚科のアトピー外来・乾癬外来での豊富なシクロスポリン使用経験・紫外線療法経験があり、アトピー性皮膚炎を適切にコントロールすることができます。

アトピー性皮膚炎など多くの慢性疾患では、血液検査で、さまざまな栄養素・ビタミン・ミネラルの欠乏が発見できます。これは従来の血液検査の解釈ではなく、ノーベル化学賞・平和賞に輝いたライナス・ポーリング博士らにより提唱されたオーソモレキュラー医学に基づく解釈です。人間の体の整合を分子(細胞)のレベルで考え、栄養素を、組み合わせと量を上手に使うことによって、栄養学的/病理学的な作用で、病気を治療/予防しようという考え方です。

私はオーソモレキュラー医学に基づく治療を得意としており、さまざまな栄養素・ビタミン・ミネラルをサプリメントとして補充することを、慢性疾患の患者さまにおすすめいたします。

アトピー性皮膚炎では、ほかにも、IgG食物アレルギー検査により、従来の血液検査では見いだせなかった食物アレルギーを発見し、そのアレルゲンを除去することで、腸管免疫を正常化し、アトピー性皮膚炎の増悪因子を取り除くことでコントロールしやすくします。

他にも、キレーション治療、プラセンタ注射、アトピー点滴(高濃度ビタミンC点滴療法)も有効です。

関連情報
紫外線療法
IgG食物アレルギー検査
キレーション治療
プラセンタ注射
高濃度ビタミンC点滴療法
オーソモレキュラー医学
紫外線治療

「紫外線治療」とは、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、皮膚科の治療の中では薬物治療・外科的治療に並ぶ大きな柱の一つであり、また、他の科にはない特徴でもあります。
歴史的にはGoeckerman療法が有名ですが、現在主に行われている治療としては、PUVA療法・ナローバンドUVB療法・UVA-1療法、エキシマライト療法があります。

それぞれ長所・短所、適応疾患の若干の違いなどがありますが、当院では、ナローバンドUVB療法およびエキシマライト療法を採用しております。ともに保険適応の治療です。

私は東大病院皮膚科の乾癬外来および病棟において豊富な紫外線治療の経験があり、乾癬・掌蹠膿疱症・白斑・円形脱毛症・難治性アトピー性皮膚炎・皮膚掻痒症・結節性痒疹・類乾癬・皮膚悪性リンパ腫などの患者さまにぜひおすすめしたい治療の一つです。

ナローバンドUVB療法は、1984年に開発されて以来30年超の歴史のある治療で、当初は乾癬の治療として使われてきましたが、その後、白斑・掌蹠膿疱症・円形脱毛症・難治性アトピー性皮膚炎・皮膚掻痒症・結節性痒疹・類乾癬・皮膚悪性リンパ腫など様々な疾患に対しても有効であることがわかり、現在ではPUVAにとってかわり、紫外線治療のファーストチョイスとして頻用されています。当院では部分照射型のナローバンドUVB治療機を採用しており、これにより広範囲の病変に効率的に光線を照射することができます。

エキシマライト療法はここ数年で開発された機械で、基本的にはナローバンドUVB療法と適応疾患は同じですが、まだ歴史は浅いものの、特に白斑に対する有効性が高く注目されています。エキシマライトはターゲット照射であり、広範囲の照射よりも、むしろ難治性病変に対するスポット照射に威力を発揮するため、特に白斑や円形脱毛症の治療におすすめです。

×
IgG食物アレルギー検査

一般的に食物アレルギーというと、じんましんのように食べてすぐに症状が出るもの(IgE食物アレルギー)を想像しますが、実はその他に、数時間~数年経過してから、ゆっくり・じんわりと体調不良を起こすタイプのフードアレルギーもあります。それがIgG食物アレルギーです。

すぐに自覚症状が出ないために原因が特定しづらく、知らず知らずのうちに飲食と体調不良を繰り返してしまう方が多いのが、このアレルギーの特徴です。

慢性的にアレルギー症状を起こすことで、腸管免疫が乱れ、身体に炎症という形で負担がかかり、老化やアトピー性皮膚炎などの病気の原因となってしまう可能性もあります。

また、すぐに症状が出るタイプのフードアレルギー(IgE抗体)と異なり、遅延型フードアレルギー(IgG抗体)は胎盤移行性があり、母体から胎児にも移行してしまいます。妊娠期間中にアレルギーを引き起こす食品を避けるなどすれば、子供のアレルギーを回避できる可能性があります。

血液検査で96種類の食物アレルギーが簡単にわかる検査ですので、アトピー、ニキビ、口内炎等がよくできる方・なかなか改善されない方、特にはっきりとした原因がなく体調が思わしくない方、ダイエットしているのになかなかうまくいかない方、妊娠中、またはこれから妊娠・出産を考えている方に特におすすめです。

×
IgG食物アレルギー検査

キレーションは、キレート剤の点滴や内服により身体の中から有害な重金属を排出する、デトックス(解毒行為)の1つです。

私たちは日常生活で知らず知らずのうちに、有害な重金属(鉛、水銀、カドミウム、アルミニウムなど)を体内に取り込んでしまっています。

流入経路は、排気ガスを吸い込んでしまうことであったり、また汚染が進んだ海で獲れた魚介類を食べてしまったり、とさまざまです。一度、体内に取り込んでしまった有害重金属は、通常の代謝では体外に排出されにくく、年月をかけて少しずつ蓄積されてしまいます。

有害な重金属が体内に蓄積されると、フリーラジカルを発生させ、細胞やDNAなどを損傷、酵素反応、免疫力や代謝を低下させてしまいます。

そのため、キレーションによるデトックス(解毒行為)が必要となってくるのです。有害物質の蓄積により弱めてしまった免疫力や酵素反応機能を回復させる等、内的な老化現象を予防できる「予防医療」として、人気のある施術です。

また、自閉症児には水銀蓄積が多いことがわかっており、妊娠前に体内の有害金属を排出することで胎児への移行を予防できます。

当院ではCa-EDTA点滴、DMSA内服を行っております。

もっと詳しい内容はこちら

×
プラセンタ注射

プラセンタ注射液はヒト胎盤のエキスで、多種のアミノ酸やビタミン・ミネラルなどの豊富な栄養素に加え、体内幹細胞を活性化させる成分が含まれており、美容・健康方面で幅広い効能が認められた数少ない成分です。全身の組織・臓器・肌を若返らせるほか、血行不良・生理不順・冷え性・更年期障害・肩こりといった女性のお悩みの改善や、免疫力向上・滋養強壮・精神安定などの効果もあると言われています。

当院では、日本国内で2種類のみ認可されている、正常出産した日本人女性の胎盤由来製剤である、「ラエンネック」、「メルスモン」の両方を採用しております。

「ラエンネック」は慢性肝炎に対し、「メルスモン」は更年期障害・乳汁分泌不全に対して保険適応です。その他の目的に対しても、自由診療で使用することができます。

もっと詳しい内容はこちら

×
高濃度ビタミンC点滴

ビタミンCの抗酸化作用はとても強力で、アンチエイジング・美肌維持・免疫力向上・生活習慣病予防などに欠かせません。

通常ビタミンCの点滴といえば500mg~多くて数g程度ですが、高濃度ビタミンC点滴は、防腐剤フリーの高品質なビタミンCを数十gと桁違いの量を注射することで、効率的にビタミンCを摂取し身体の機能を整え、ウィルス疾患、難治性のアレルギーやニキビ、美肌・健康維持(美白・コラーゲン合成)、がん治療に効果を発揮します。

美容目的の場合、25gで週1~2回位の頻度で3~4回は、続けることをおすすめしております。 がん治療目的には、血中ビタミンC濃度を適宜測定しながら、投与するビタミンCの量を調整し、週2~3回の頻度で6ヶ月間は継続します。
ただし日本人では非常にまれですがG6PD欠損症という病気の方はビタミンC点滴はできませんので、初回カウンセリング時に血液検査でG6PD欠損症がないかをチェックしてからの治療開始となります。(結果が出るまで約1週間かかります。)

※当院で採用しているビタミンC製剤はMylan製薬(フランス)製です。

もっと詳しい内容はこちら

×
オーソモレキュラー医学

人間の体の整合を分子(細胞)のレベルで考え、栄養素を、組み合わせと量を上手に使うことによって、栄養学的・病理学的な作用で、病気を治療・予防しようという考え方。

×
  • 料金表はこちら
地図

所在地所在地 千葉県松戸市秋山68-12

電話電話でのご予約・お問合せ047-710-7788電話対応時間 09:00~19:00(月火水木金土)

診療予約はこちら メール相談はこちら
アクセスはこちら
オンライン通院 メディア掲載 院長コラム 診療カレンダー 手術実績 採用情報 シャルムクリニックBlog シャルムクリニックDoctors File
Powered by 口コミ病院検索QLife
クリニックのご案内 map
所在地所在地
千葉県松戸市秋山68-12
所在地駐車場
58台の敷地内大型駐車場
電話番号電話でのお問合せ
047-710-7788
電話番号診療時間
午前 09:00~12:00午後 15:00~19:00※休診日 / 日曜日(日以外の祝日診療)
※水曜日は保険診療のみ

受付は診療終了時間の15分前に終了します

アクセス詳細はこちら

自身の地元でもある松戸で、毎日の診療を積み重ねていく中で、自分の理想とする「保険診療から自由診療まで幅広いニーズに応え、地域の皆さまに喜んでいただける医療」を実践し、皆さまの信頼を得られるよう努力していく所存です。

日本皮膚科学会専門医 国際レーザー専門医(B-IMeLaS) 日本レーザー医学会指導医・専門医 日本美容外科学会(JSAS)専門医 日本抗加齢医学会専門医 日本性感染症学会専門医 ICD制度協議会ICD (Infection Control Doctor) 厚生労働省認定臨床研修指導医 高濃度ビタミンC点滴療法認定医 ボトックス認定医 キレーション療法認定医 日本胎盤臨床医学会認定 日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー日本皮膚科学会 日本レーザー医学会 日本美容外科学会(JSAS)  日本美容皮膚科学会 日本抗加齢医学会 日本乾癬学会 日本皮膚病理組織学会  日本小児皮膚科学会  日本性感染症学会 日本胎盤臨床医学会

アトピー性皮膚炎、薄毛、ケミカルピーリングやピアスなら、シャルムクリニックへ。 

Copyright (C) Charme-Clinique. All Rights Reserved. 【 TEL:047-710-7788 】
診療予約