アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、日本皮膚科学会の定義によれば、慢性(成人では6カ月以上、乳児では2カ月以上)に繰り返すかゆみのある湿疹を主体とする病気で、アトピー体質(家族歴あるいは既往歴に喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎がある)を伴うことが多いものです。

乳児の場合は頭・顔に多く、それ以降は、首、肘や膝の関節の曲がる場所などにも広がっていきます。小児期に治癒することも多いのですが、成人になっても続いたり、成人になってから発症することもあります。最近、アトピー性皮膚炎の方の多くが、遺伝的に皮膚の保湿因子(フィラグリン)の遺伝子の異常があることがわかってきており、保湿の重要性が再認識されてきています。

Doctors file 皮膚疾患治療

アトピー性皮膚炎コラムはこちら

保湿剤・ステロイド外用剤・タクロリムス軟膏外用・抗アレルギー剤内服が大きな柱です。特に、ステロイド外用剤・タクロリムス外用剤については、医師の中でさえも、科学的な根拠の全くない偏見・誤解(外用剤が全身に吸収されてさまざまな病気を引き起こす、色素沈着を起こす、などなど)を抱いている人が多いですが、皮膚科診療に精通した皮膚科専門医の適切な指導のもとで使用すれば、ほとんど副作用の心配なくアトピー性皮膚炎を適切にコントロールすることができます。

また、血液検査上、ダニやホコリのアレルギーを合併することが多いので、生活環境を整えることも重要です。

乳幼児の場合、食物アレルギーが悪化要因となっていることも多いので、その検索が必要となることもあり、当院では血液検査・プリックテストを行うことができます。食物負荷試験が必要と考えられる場合は小児科とも連携し治療にあたります。

成人の重症例・難治例では免疫抑制剤(シクロスポリン)内服やデュピルマブ皮下注射、紫外線療法が必要となることもあります。当院では重症例・難治例に対して、積極的に紫外線療法、シクロスポリン内服、デュピルマブ皮下注射を行っておりますので、ご相談ください。

  • 料金表はこちら
地図

所在地所在地 千葉県松戸市秋山68-5

電話電話でのご予約・お問合せ047-710-7788電話対応時間 09:00~19:00(月火水木金土)

診療予約はこちら メール相談はこちら
アクセスはこちら
保険診療問診票 自由診療問診票 オンライン診療 院長コラム 診療カレンダー 手術実績 採用情報 シャルムクリニックBlog シャルムクリニックChannel シャルムクリニックLINE シャルムクリニックInstagram シャルムクリニックDoctors File
クリニックのご案内 map
所在地所在地
千葉県松戸市秋山68-5
所在地駐車場
105台の敷地内大型駐車場
電話番号電話でのお問合せ
047-710-7788
電話番号受付時間
午前 08:50~11:45午後 14:50~18:45※休診日 / 日曜日(日以外の祝日診療)
※水曜日は院長不在
アクセス詳細はこちら

自身の地元でもある松戸で、毎日の診療を積み重ねていく中で、自分の理想とする「保険診療から自由診療まで幅広いニーズに応え、地域の皆さまに喜んでいただける医療」を実践し、皆さまの信頼を得られるよう努力していく所存です。

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 日本レーザー医学会認定レーザー専門医



アトピー性皮膚炎、薄毛、ケミカルピーリングやピアスなら、シャルムクリニックへ。 

Copyright (C) Charme-Clinique. All Rights Reserved. 【 TEL:047-710-7788 】
診療予約