しみ・美白

しみ・美白といえば、世間一般的には、フォトフェイシャル、Qスイッチ・ルビーレーザー、メソアクティス、イオン導入入が有名です。

しかししみ・美白の治療でまずおすすめなのが、OBAGI Nu-Dermで有名な、レチノイン・ハイドロキノン療法です。レチノインで肌のターンオーバーを正常化し古いメラニンを排出するとともに、真皮に働きかけてコラーゲン合成を促進し、かつ、ハイドロキノンで新しいメラニンの合成を抑制することで、トータルの肌の若返り・美白効果が得られ、さらに皮膚癌の予防にもつながる素晴らしい治療です。

しかし、レチノインによる反応性の皮膚炎で、使用開始後2~3週間は皮膚が赤くただれたようになるのが難点でした。

その問題を解決したのが、ナノレチノイン・ナノハイドロキノンです。薬剤をナノ化することで、皮膚炎がかなり軽減され、しかも効果はむしろ高くなっており、すべての人におすすめの治療です。

また、当院のフォトフェイシャルは、従来のフォトフェイシャル治療と異なり、肝斑を悪化させることなく、美白・赤ら顔・ハリに効果を出します。3~4週間に1回のペースで4回1クールで実施します。

ピンポイントでのしみ治療には、ピコレーザー治療を行います。1週間カサブタができ、軟膏を外用しますが、従来のQスイッチ・ルビーレーザーのようにテープを貼って保護する必要はなくなりました。カサブタがとれたあとはピンク色の肌となり、3ヶ月程度で肌色になります。

日本人の場合、その過程で一時的に炎症後色素沈着を起こすこともありますが、無治療でも自然に治りますし、あらかじめレチノイン・ハイドロキノン療法で前処置しておくことで発生頻度・程度を軽減できます。このようなダウンタイムがとれない方の場合、フォトフェイシャルがおすすめです。

肝斑の治療としては、レチノイン・ハイドロキノン療法に加えて、メソアクティス、W導入、高濃度ビタミンC点滴を組み合わせるとよいです。また、内服薬も有効です。

また、美白治療を希望される患者さまの多くで、血液検査で、さまざまな栄養素・ビタミン・ミネラルの欠乏が発見できます。これは従来の血液検査の解釈ではなく、ノーベル化学賞・平和賞に輝いたライナス・ポーリング博士らにより提唱されたオーソモレキュラー医学に基づく解釈です。人間の体の整合を分子(細胞)のレベルで考え、栄養素を、組み合わせと量を上手に使うことによって、栄養学的/病理学的な作用で、病気を治療/予防しようという考え方です。

私はオーソモレキュラー医学に基づく治療を得意としており、さまざまな栄養素・ビタミン・ミネラルをサプリメントとして補充することをおすすめいたします。

関連情報
ピコレーザー
Qスイッチ・ルビーレーザー
レチノイン
ハイドロキノン
イオン導入
フォトフェイシャル
メソアクティス
高濃度ビタミンC点滴
オーソモレキュラー医学
Qスイッチ・ルビーレーザー

ピンポイントでのしみ治療には、Qスイッチ・ルビーレーザーがおすすめです。

施術後1週間厚いカサブタができ、軟膏を外用し、肌色のテープを貼って保護する必要があります。カサブタがとれたあとはピンク色の肌となり、3ヶ月程度で肌色になります。

日本人の場合、その過程で一時的に炎症後色素沈着を起こすこともありますが、無治療でも自然に治りますし、あらかじめレチノイン・ハイドロキノン療法で前処置しておくことで発生頻度・程度を軽減できます。このようなダウンタイムがとれない方の場合、フォトフェイシャルがおすすめです。

アザ治療では保険がききます。

太田母斑・後天性真皮メラノサイトーシスはQスイッチ・ルビーレーザーが非常に有効です。

異所性蒙古斑は、メラニン色素が太田母斑より深部にあり、治療効果は太田母斑に比べると劣ります。 いずれも3ヶ月以上の間隔をあけて5回前後(個人差あり)の治療を行います。

扁平母斑(カフェオレ斑)はレーザーが効く確率は、教科書的には1/3程度とありますが、私の経験上、実際に効果があるのは1/10程度ではないかと思います。

×
レチノイン

しみ・美白・にきびの治療でまずおすすめなのが、OBAGI Nu-Dermで有名な、レチノイン・ハイドロキノン療法です。レチノインで肌のターンオーバーを正常化し古いメラニンを排出するとともに、真皮に働きかけてコラーゲン合成を促進し、かつ、ハイドロキノンで新しいメラニンの合成を抑制することで、トータルの肌の若返り・美白効果が得られ、さらに皮膚がんの予防にもつながる素晴らしい治療です。

しかし、レチノインによる反応性の皮膚炎で、使用開始後2~3週間は皮膚が赤くただれたようになるのが難点でした。

その問題を解決したのが、ナノレチノインです。薬剤をナノ化することで、皮膚炎がかなり軽減され、しかも効果はむしろ高くなっており、すべての人におすすめの治療です。

×
ハイドロキノン

ハイドロキノンはメラニンの生成に関与するチロシナーゼを阻害します。

従来のハイドロキノンは刺激性皮膚炎をしばしば起こすことがあり、逆に刺激を抑えるために濃度を低くすることで効果が低下したり、ステロイドを混合することで長期間外用でステロイド皮膚炎を起こす可能性があるのが難点でした。

その問題を解決したのが、ナノハイドロキノンです。薬剤をナノ化することで、刺激がかなり軽減され、しかも効果はむしろ高くなっております。

ただし、アレルギー性の皮膚炎は低濃度にしたりナノ化しても起きることがあります。この場合はハイドロキノンを使用することはできず、ルミキシルをおすすめいたします。

×
フォトフェイシャル

当院のフォトフェイシャルは、従来の痛い治療器とは違い、光がメラニン色素や毛細血管などを狙い周囲の組織を傷つけないため、肌にダメージを与えずに「脱毛、しみ、そばかす、にきび、毛穴の縮小、赤ら顔」などの幅広い種類の治療ができます。

■当院のフォトフェイシャルの特徴

日本人医師が日本人のために開発した、日本人のための治療器です。数万件に及ぶ臨床データをもとに、日本人の肌質に合わせた最適の施術データを駆使した治療が行えます。

(1) 皮膚の安全を守る監視技術 ATCテクノロジー

皮膚の温度を適度に保持し、管理温度を超えるとレーザーを照射できないように設計するという、特別な安全性装置を搭載しています。皮膚を守りやけどをしないよう、皮膚を監視する特殊な目を持っている機器です。皮膚の温度を上げなよう守りながら施術をします。

(2) 皮膚表面を冷やしてやけどなく マルチピークパルス

光の照射パワーを複数に分けることで、表皮に熱が集中しすぎないようにし、保護をしつつ、狙った部位に選択的に光を照射することで、表皮にダメージを与えることなく、安全に光を照射する技術です。

■フォトフェイシャルのメリット

従来のレーザーとは異なり、施術直後でもお化粧をすることができます。さらに1回の施術時間が短いため、手軽で、濃いかさぶたなどができにくく、軟膏やガーゼなどの処置も不要のため、治療当日に、「治療しました」ということが周囲の方に気づかれたくない方にもおすすめです。

■にきび治療に特別のサポート

P-リボーンというにきび、にきび痕、赤ら顔、毛穴の黒ずみ、しみ小じわなどを治療する、光美顔術があります。これらP-リボーン治療の時に、PLASMAGICTMという酸化チタンと黒色炭素を含むジェルを肌に時に肌に塗り、光を照射することでピーリング作用、アクネ菌の殺菌用を行い効果的な治療をサポートします。

図① 治療前 図② PLASMAGICTM=を塗布し、CIPLを照射した図。グレーの部位がジェルを模式。(図借用出展:渋谷高橋医院)

P-リボーン 対象物=PLASMAGIC

P-フェイシャル

×
メソアクティス

メソアクティスは、ハーバード大学・MIT(マサチューセッツ工科大学)で共同開発 されたエレクトロポレーション(特殊な電磁パルスで皮膚の細胞に微小な穴を開け、 有効成分を大量に浸透させる技術)を用いた施術です。今まで、注射でしか投与が不 可能とされていた様々な有効成分を、お肌にダメージを与えることなく無痛で導入出来ます。

導入できる成分は、表皮細胞の増殖を促すEGF・ビタミンC・トラネキサム酸・ヒア ルロン酸・プラセンタなどで、お肌のお悩みに合わせた成分を導入することができます。その導入効果はイオン導入の70倍! また、メソアクティスはお顔だけでなく、首や背中、年齢の出やすい手の甲なども施術可能です。

×
高濃度ビタミンC点滴

ビタミンCの抗酸化作用はとても強力で、アンチエイジング・美肌維持・免疫力向上・生活習慣病予防などに欠かせません。

通常ビタミンCの点滴といえば500mg~多くて数g程度ですが、高濃度ビタミンC点滴は、防腐剤フリーの高品質なビタミンCを数十gと桁違いの量を注射することで、効率的にビタミンCを摂取し身体の機能を整え、ウィルス疾患、難治性のアレルギーやニキビ、美肌・健康維持(美白・コラーゲン合成)、がん治療に効果を発揮します。

美容目的の場合、25gで週1~2回位の頻度で3~4回は、続けることをおすすめしております。 がん治療目的には、血中ビタミンC濃度を適宜測定しながら、投与するビタミンCの量を調整し、週2~3回の頻度で6ヶ月間は継続します。
ただし日本人では非常にまれですがG6PD欠損症という病気の方はビタミンC点滴はできませんので、初回カウンセリング時に血液検査でG6PD欠損症がないかをチェックしてからの治療開始となります。(結果が出るまで約1週間かかります。)

※当院で採用しているビタミンC製剤はMylan製薬(フランス)製です。

もっと詳しい内容はこちら

×
オーソモレキュラー医学

人間の体の整合を分子(細胞)のレベルで考え、栄養素を、組み合わせと量を上手に使うことによって、栄養学的・病理学的な作用で、病気を治療・予防しようという考え方。

×
  • 料金表はこちら
地図

所在地所在地 千葉県松戸市秋山68-12

電話電話でのご予約・お問合せ047-710-7788電話対応時間 09:00~19:00(月火水木金土)

診療予約はこちら メール相談はこちら
アクセスはこちら
オンライン通院 メディア掲載 院長コラム 診療カレンダー 手術実績 採用情報 シャルムクリニックBlog シャルムクリニックDoctors File
Powered by 口コミ病院検索QLife
クリニックのご案内 map
所在地所在地
千葉県松戸市秋山68-12
所在地駐車場
58台の敷地内大型駐車場
電話番号電話でのお問合せ
047-710-7788
電話番号診療時間
午前 09:00~12:00午後 15:00~19:00※休診日 / 日曜日(日以外の祝日診療)
※水曜日は保険診療のみ

受付は診療終了時間の15分前に終了します

アクセス詳細はこちら

自身の地元でもある松戸で、毎日の診療を積み重ねていく中で、自分の理想とする「保険診療から自由診療まで幅広いニーズに応え、地域の皆さまに喜んでいただける医療」を実践し、皆さまの信頼を得られるよう努力していく所存です。

日本皮膚科学会専門医 国際レーザー専門医(B-IMeLaS) 日本レーザー医学会指導医・専門医 日本美容外科学会(JSAS)専門医 日本抗加齢医学会専門医 日本性感染症学会専門医 ICD制度協議会ICD (Infection Control Doctor) 厚生労働省認定臨床研修指導医 高濃度ビタミンC点滴療法認定医 ボトックス認定医 キレーション療法認定医 日本胎盤臨床医学会認定医日本補完代替医療学会学識医 日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー日本皮膚科学会 日本レーザー医学会 日本美容外科学会(JSAS)  日本美容皮膚科学会 日本抗加齢医学会 日本乾癬学会 日本皮膚病理組織学会  日本小児皮膚科学会  日本性感染症学会 日本胎盤臨床医学会 日本補完代替医療学会

アトピー性皮膚炎、薄毛、ケミカルピーリングやピアスなら、シャルムクリニックへ。 

Copyright (C) Charme-Clinique. All Rights Reserved. 【 TEL:047-710-7788 】
診療予約